屋久島、行ってきまーす

b0181141_15444520.jpg

b0181141_15444579.jpg

雲が多いものの、ポカポカの陽気。
近くの梅が満開!
すずめも たくさんとまるところはあるのに 仲良くくっついてとまり、しばらく並んでおしゃべり。
春ですね~。

今日から屋久島。
今年初めて。
そして2月に行くのも初めて。
去年は4月、6月、8月、10月で行ったので、ちょっと久しぶりの気がする。
屋久島のクライアントさんから 『待ってるよ~』と声かけていただいて、張り切って 今年は2月からお邪魔します。
今回も お好きなところへ出張lomilomi&尾之間のペンション、アクアスタイルでの施術も可能です。

雲がかかった屋久島が見えてきた。
楽しんで行ってきまーす!
[PR]
# by mahinamakani | 2010-02-08 15:44 | 屋久島lomilomiのご案内

上級救命講習会

b0181141_12255112.jpg

b0181141_12255129.jpg

と いうのに行ってきた。
種子島消防署にて 一日の講習会。
シーカヤックガイド『オーシャンガイズ』のMちゃんが誘ってくれたのだ。
海などで もしそういう場面に出くわしてしまった時、少しでも役に立てれるように何か身につけておきたいと思ってはいたが なかなかそういう機会はなく…
私のことを思い出して声をかけてくれた Mちゃんに感謝!

この日の前日には保育園で『不審者侵入対応及び避難訓練』というのもあり、なんだかそういう週間なのかなぁと不思議だった。

初めにテキストを配られ、『一日、お勉強かぁ。』と ちょっと思い気分だったが、若い消防士さんが ほとんどテキストをめくることはなく、要点だけをわかりやすくかみ砕いて教えてくださったので とても理解しやすかった。
実践では 練習してから 一人づつのテストがあったのだが、思っていた以上に緊張してテンパってしまった。

メインは 心肺蘇生法とAEDの使い方。
テレビで見たりしていて、AEDは電源を入れたら機械が音声でガイドするから 大丈夫だろう…なんて思っていたが、大間違い。
教えてもらって、何度もやってみて、それでも焦ってしまう。
大切なのは 心肺蘇生(心臓マッサージ)の手を止めないこと。
患者の状況を伝える時や、AEDのパットをもう一人の人に貼ってもらう時につい避けたりして マッサージの手が止まりがちだが、必ず止めないこと。

あごを上に向け気道確保をし、鼻をつまみ二回息を吹き込み人口呼吸をする。そして、両手を重ねて胸の真ん中を一分間に100回の速さ(水戸黄門のテーマ曲または、アンパンマンマーチの速さくらいらしい)で圧迫する。

この繰り返しの中に AEDでの電気の刺激が入る。
AEDの使い方で 大切なのは 体が濡れている場合はパットを張る部分を拭く。
ペースメーカーをつけている場合はその上にはパットを貼らない。
パットを患者に貼ってから プラグを本体に差し込む。
ショックを実行するときには必ず患者から離れる。

人口呼吸は 嘔吐などでしにくい場合は 心臓マッサージに徹しても かえってその方がよい場合もある。
いろいろなことで時間をとるよりは、とにかく止まっている心臓を早く確実に蘇生するようにマッサージをすることが先決だそうだ。

とても 勉強になった講習会。
講習をしてくださった消防士の救急隊の方が
『訓練でお会いしても本番でお会いしないようにしたいですね。』
その通りです。

この日は 一緒に一日講習会を受けた方との 新しい出会いもあり、本当に充実した一日だった。

みなさんに感謝します!
[PR]
# by mahinamakani | 2010-02-05 12:25 | 種子島

修了証とポスター

b0181141_1553792.jpg

b0181141_1553743.jpg

b0181141_1553783.jpg

今日はハマって掃除をしていた。
テレビやコンポも 拭いて すっきり。
拭き掃除をするといつも思い出す アロマセラピーの先生の言葉。
「水拭き掃除をすることは浄化の意味もあり、とても大切なこと。」

立て掛けていた ロミロミの修了証を お気に入りのフラの写真の上に掛けた。
高いところに掛けてみると なんだか しゃんとした気分になった。

このフラの写真は、屋久島の トンボ玉と乗馬体験が出来るというお店に遊びに行った時に お店で見かけ、「素敵な写真ですね。」と よく見るとJALのカレンダーで 世界旅行 がテーマらしいそのカレンダーは たまたま ハワイ の月でめくり忘れられていたようだった。
過ぎた月のカレンダーを数枚めくり、フラの写真の一枚を手渡してくださった。
あまり ポスターとか部屋に飾ったりしたことなかったので 頂いてもどうしよう… と思ったが、帰って見てみると 見れば見るほど魅力的な写真だった。

この女性が美人なのはもちろん、穏やかな表情、柔らかいのに力強いハンドモーション、絶妙な色合わせの衣装、フレッシュなティーリーフの感じ、そしてこのロケーション。
時々、見入ってしまう。
いつも自分が座る場所の目の前に一年半も飾っているのに。
こんなに 柔らかく 力強く踊れるようになりたい。
いつか。


今日も風びゅんびゅん。
かなりのオフショアだが うねりはある。
足跡がないビーチは気持ちいい。
夏にはももが小魚を追い回していた川は 水量がなく、なんとか海へと流れている。
[PR]
# by mahinamakani | 2010-01-23 01:55 | 自然

ティーリーフとおばあちゃん

b0181141_0314670.jpg

b0181141_0314635.jpg

b0181141_0314627.jpg

寒気が去って ポカポカのお天気。
先日の全国的に雪が降った日は 種子島も朝方のドーンという雷から台風並みの風、あられが降り、日中は時折 雪が降った。種子島で雪が降るのは一年に一度か二度あるかないかだ。
案外寒い 種子島。
風が無く、陽が当たれば 太陽てなんて 暖かいんだろう〜と 太陽の存在をとても大きく、有り難く思う。


ビーチまで歩いて行く途中の お家入り口にあるティーリーフらしき植物。
日本では「アオヒロバ」という名前で出回っているらしい、ドラセナの仲間だ。
種子島では色とりどりのドラセナはよく庭先に植えられているが、時々大きく育ったティーリーフも見かける。

私の背よりずっと高く育ち、柔らかく大きな葉。蕾もたくさんつけている。

写真を撮らせてもらっていると 奥からおばあちゃんがやって来た。
「こんにちは〜。写真撮らせてもらっています。立派に育っていますね〜。」
とご挨拶すると、笑顔で近づいて来てくださって 「いやぁ〜何も手入れしてないからね〜。そうやって見てくれる人がいるから綺麗にしておかないとね。」と、回りの草をひっぱりながら「持って帰って飾る?」と 綺麗な蕾のところを手を伸ばしてひっぱり曲げ、カマで落としてくれた。

「私、フラダンスしているんですけど、ハワイにこの葉っぱに似たのを繋いでスカートにして衣装にしたりするんですよ。」と言うと、「へ〜!ハワイにいなさったの!」と言われ…
「いえいえ、旅行でしかないですよ。」 なんて かわいい会話をしつつ…。

畑に行ったら菊も咲いてるよ、と奥の畑まで案内してくれて もものリードを持っておくから 好きなのを採ってごらんとカマを渡してくれた。
白と黄色の 八重でぽわっと咲いた小菊たち。

「今から海岸に行くんでしょう?そこに置いて帰りに持って行ったらいいよ。」
優しく穏やかな空気漂うおばあちゃん。

うちに帰って花瓶に飾ってみると 赤茶色の一枚一枚違う色あいの葉っぱが とても綺麗だった。
花が咲くのを近くでみれるのも 楽しみ!
[PR]
# by mahinamakani | 2010-01-17 00:31 | 自然

初乗り!

b0181141_1184956.jpg

土曜日、日曜日、いい波でした!
あたしもやっと 初乗り。
近くのリーフで 貸し切り。肩頭のいい波がバンバン来る。
みんな 他のポイントで楽しんでるんでしょうね。
チェックに来る人もなく。暖かいし 最高の初乗りでした!

いい年になりそう…!
[PR]
# by mahinamakani | 2010-01-13 01:18 | surf